宿のご案内 過ごし方

山河での、贅沢な1泊2日の旅のイメージをご紹介します。

1日目

  • 14:00

    阿蘇の山並み

    心はやる気持ちを押さえ、阿蘇の山並みをドライブ

    黒川温泉への旅路の途中、一面の草原が延々と続く阿蘇。
    自然の大きさ、偉大さを感じさせてくれるよう。
    途中の「大観峰」は、阿蘇の山々を一望できるビューポイントです。
    人が横たわったようにも見える、「阿蘇五岳」に思わずため息が出ます。

    ※黒川エリアは、自然が残る“田舎”の集落です。公共交通機関はどうしても本数が少ないため、自家用車かレンタカーのご利用をおすすめしています。

  • 15:00

    山河へ到着

    自然に包まれた、やすらぎの宿へ到着

    山河へチェックイン。
    四季折々の表情を見せる木々と、沢のせせらぎが迎えてくれます。
    ありのままの自然を生かした、旅館全体の印象。
    お部屋の名前も、宿周辺に植えられた木の名前からとられています。

  • 15:30

    黒川温泉街

    浴衣姿でカランコロン。黒川温泉全体を楽しむ

    “道が廊下、旅館はお部屋”という考え方の黒川温泉街。
    黒川温泉全体が大きなひとつの旅館として、宿と店とが一体化しています。
    入湯手形を片手に、カランコロンと下駄の音を響かせながら黒川一帯を散策。
    おしゃれなカフェや、お土産屋さんを冷やかしながらお目当ての露天風呂へ。

    ※山河は、他の旅館から多少離れた位置にございます。車での送迎をいたしますので、お気軽にスタッフまでお申し付けください。

  • 18:30

    阿蘇の新鮮野菜や「あか牛」を使った夕食

    阿蘇の大地の恵みを、感動しつつ堪能

    夕食の時間。
    まごころ込めて手作りされた本格日本料理。
    阿蘇の大地の恵みの新鮮野菜、そして「あか牛」を使った
    贅沢で、かつ身体にやさしいものばかりです。
    ひとくちごとに、感動とおいしさを感じながら、ゆったりと味わいます。

  • 20:00

    併設の図書館

    腹ごなしに、併設の図書室。非日常の時間

    夕食後に立ち寄ったのは館内の小さな図書室「温故知新」。
    憧れだった“書斎”のような雰囲気で、
    いつもは読まないような本にも手が伸びます。

  • 21:00

    薬師の湯

    “薬師の湯”と“美肌の湯”の二つの源泉。
    しっとり肌になじみ、心もいやすよう。

    山河には、“薬師の湯”と“美肌の湯”がひかれています。
    しっとりとなめらかな泉質で、心もいやされるよう。
    また、桧風呂、切り石風呂、六尺桶風呂と家族風呂も多彩。
    身体の芯からあたたまる、ゆったりとした時間が流れます。

    ※館内の露天風呂は22:30まで、薬師の湯、内風呂は24:00までご利用可能です(ご宿泊の方)。どうぞゆったりとお過ごしください。

  • 22:00

    月見台

    月と星を肴に、酒を飲める贅沢

    お風呂上がりのほてった身体を休めに、川を眺める位置にある「月見台」へ。
    夜空を眺めながらお酒をちびりちびり。
    都会では感じられない星と月の輝きが、何にも代え難い肴になります。
    部屋に戻っても耳に届くのは、川のせせらぎ、木々のざわめき。
    大自然を感じながら、ゆったりと過ごします。

2日目

  • 7:00

    朝の散歩

    凛とした空気の中、かわいらしい生き物と出会う

    朝の散歩。

    春は、目にも鮮やかな新緑、
    夏は、濃い緑に彩られて
    秋は、一面に色づく紅葉
    冬は、風情ある雪景色。

    また、かわいらしい生物との出会いも。
    カワセミ、ヤマセミなどの鳥たち。
    沢蟹や小魚、カエルなどの水辺の生き物。
    季節によって変わる、日常にはない出会いに感動の連続です。

    源泉となる“薬師の湯”の薬師如来も発見。
    身体を労る効能があるとか。
    手を合わせてごあいさつ。

  • 7:30

    館内の露天風呂

    耳を澄ませば、たくさんの音。
    自然のオーケストラに包まれた露天

    朝の露天風呂。
    すぐそばを川が流れ、自然に包まれた雰囲気。
    木々のささやき、川のせせらぎに耳を澄ませて、旅の疲れをいやします。

    ※館内の露天風呂、薬師の湯、内風呂は朝6:00から、露天の家族風呂は7:30からご利用可能です(ご宿泊の方)。

  • 8:00

    朝食

    山の空気、炊きたての香りが食欲を刺激する

    朝食
    散歩してお腹が空いた頃、待望の朝ごはん。
    炊きたてのご飯のおいしさで、いつも以上の量をぺろりと平らげられそう。

  • 9:30

    チェックアウト

    「また、訪れたい」そう思える出発の朝

    チェックアウト。
    自然の中での時間に、後ろ髪を引かれる想い。
    鳥の声が別れを惜しんでいるようにも聞こえます。

チェックアウト後は、阿蘇をめぐり、南小国自慢のそばを食べるもよし、
スイーツのおいしいカフェに立ち寄るもよし。
いつもはなかなか味わえない、自然の息吹を充分堪能して、帰途につきます。



自然に包まれ五感で自然を味わう宿 山河で過ごす贅沢なひととき