2014/06/30

ホトトギスが咲きました

駐車場の土手にいつのまにかホトトギスが咲いていました。

花びらのまだら模様が鳥のホトトギスのお腹の模様に似ていることからこの名前がついたそうです。

 

さて、

今日は旅館組合主催の従業員研修がありました。

山河からは女将を含め総勢8名での参加!

私はお留守番でしたがみんなしっかりと学んできたようで、

いつにも増してキリッとしているような・・・ ^^

2014/06/26

露天風呂の日

本日は6月26日、ろ・てん・ぶ・ろ、露天風呂の日

ということで黒川温泉のすべての旅館が露天風呂を無料開放!

山河にもたくさんのお客様にお越しいただきました^^

雨も降ったり止んだりでしたが小雨程度だったので

皆様、「露天風呂めぐり」お楽しみいただけたのではないでしょうか♪

2014/06/23

謎のきのこ

じめじめした天気が続いております。

この時期、庭に顔を出す謎のきのこ、

すでに数種類が顔を出し、独特の存在感を放っています。

いったいどこからやってきたのか・・・

 

本日はご宿泊のお客様も少なく、ロビーはシーンと静まっております。

ふと思い立って月見台へ行ってみると川の向こうにホタルが10匹くらい飛んでいましたよ♪

お客様、出て来られないかな~

2014/06/22

精米中

ゴウンゴウンゴウンゴウン

と米倉庫から音が・・・

覗いてみると玄米の精米中でした。

山河ではつきたてのおいしいお米をお客様に召し上がっていただくため、

地元産「あきげしき」をこのように自家精米しています^^

 

2014/06/21

キョウカノコと芋車

お庭にキョウカノコが咲いています。

ピンク色が鮮やかで目をひきます^^

その後ろには芋車が

サパーッサパーッ

と勢いよく回っていますよ♪

水車の中に里芋を入れて洗う道具ですが、ほっとけば皮までむけるすぐれもの、

昔はこの辺りでよく見かけましたが最近見なくなりましたね~

2014/06/18

町内老人会の皆様

黒川温泉では毎年「老人会宿泊研修」と題して、

各宿、町内各地区の老人会の皆様にご宿泊いただいています。

今年の山河のお客様は中湯田・樋ノ口地区の皆様!

当館は従業員もほとんど地元出身なので

「あんたどこの娘さんじゃったかな?」

「おばちゃん、〇〇のとこですよ~」

と、 ロビーで会話が弾んでいます^^

今夜はゆっくり温泉に入って楽しんでくださいねー!

2014/06/17

梅雨ですね

今日は朝から雨、梅雨らしいお天気になりました。

東棟入口のガクアジサイもどんどん花をつけています。

こんな雨の日は気温が下がり、半袖だと寒いです。

この時期お越しのお客様はなにか羽織るものをお持ちくださいね^^

2014/06/16

鳥の巣発見!

貸切風呂の入口の行燈の上に苔がもっさり。。

これはっ!

と思い覗いてみたらやっぱり鳥のひながいました^^

何の鳥でしょうね・・・

何年か前に離れの行燈の上に巣を作っていたミソサザイかな?

2014/06/14

ホタルブクロ

ロビーで咲いている鉢植えのホタルブクロです。

子どもがホタルを花の中に入れ、提灯にして遊んだことからこの名前がついたそうですね!

ホタル提灯・・・やってみたい衝動に駆られます(゜-゜)

今日は高校時代の友人が遊びに来たので旅館をちょっとだけ抜け出して、ホタルツアーでご案内しているホタルスポットに連れて行きました♪

車を置いて、蛙の大合唱を聞きながら田んぼの畦道を進むと川の向こう岸の林にたくさんのホタルが!

まるでクリスマスツリー!!(←ちょっと言い過ぎ?)

実は私もこの場所は初めてで、今までこんなに見たことがなかったので感動してしまいました。(写真が撮れなかったのが残念っ)

ホタルツアー、ぜひご参加ください♪

お客様ご自身で行かれる場合は地図をお渡しします^^

 

 

2014/06/10

ガクアジサイが咲きました

ガクアジサイが咲きました。

さすがアジサイ、雨が良く似合います^^

今日は先日の大失敗を書きます。

ある夜、お客様が露天風呂が熱いとフロントに来られました。

当館では適温の41度になるよう浴槽に注ぐ湯量を調節していますが、計りに行くとたしかに43度にまで上がっていました。

入れない温度ではありませんが、夏場にゆっくり長湯していただくには高すぎます。

しかし70℃の源泉を掛け流した大きな湯船であるため、上がりすぎた温度は一旦湯を止めて自然に冷ますしか方法がありません。

「どうするんだ!」

とお客様、

急ぐあまり私は思わず

「大変申し訳ございません、今すぐ水を入れて温度を下げます!」

と言ってしまいました。

これが大変なお叱りを受けました。

お客様は当館の泉質を楽しみに来られているのに私はそれを水で薄めると言ってしまったのです。

温泉ソムリエの講義を受けたばかりだというのに自分が情けなく、お客様には本当に申し訳ないことをしてしまったと猛反省しました。

お客様の一番の目的は山河の温泉なんだ!という原点に戻って、

お風呂を気持ちよくご利用いただけるよう、特に温度管理は徹底しようとスタッフとも再確認しました。