昨年10月に「起業型地域おこし協力隊」として南小国町に移住し、ここの土質や気候にあった野菜の栽培方法を研究している林田和也さん。

その驚くべき知識の豊富さと農業への愛から、私が尊敬の念を込めて『農業変態』と呼ぶ彼の野菜が出はじめたと聞き、早速、畑にお邪魔してまいりました。

少量多品目という林田さんの農業のスタイルは、たくさんの種類の野菜を使いたい私たちの需要にも合っているし、色とりどりの見た目の美しさもお客様を楽しませることができる。

そして何よりおいしいのです!

(さらに言うとすべてオーガニック!)

写真は珍しい黄カブ。

生でかじりましたがまるで梨のような甘さでした。

他にも赤大根、桃カブ、ラディッシュ、赤軸ほうれん草にルッコラ・・・

続々とおいしいお野菜が♪

早速板長と相談して献立に取り入れていこうと思います。

山河で出すお野菜はすべて小国産!

という夢にまた一歩近づきました ^^