新型コロナウイルス感染症対策について

若女将の日記

自己紹介

山河の若女将若女将の後藤麻友です。山河に帰ってもうすぐ10年、従業員に励まされながら、お客様の笑顔に支えられながら、ときどき女将(母)にどつかれながら、日々成長中(?)です。お客様目線で、私が発見した黒川の素敵なところや山河の日常を綴ります!

2020/07/30

梅雨がようやく明けました

梅雨が明けたとたん暑い日が続いております。

いろいろと大変な夏の幕開けですが阿蘇の風景はいつもと同じ。

草原にカワラナデシコが可憐に咲いておりました。

さて、熊本県民の皆様が5,000円引きでご宿泊いただける『くまもっと泊まろうキャンペーン』のご予約は8月2日までとなっております。

Go To Travelキャンペーンとの併用も可能ですのでぜひご利用ください♪

2020/07/18

小国郷の応援よろしくお願いします!

ご無沙汰しております。

気づけば2週間もブログをお休みしておりました!

ここ数日、ようやくお日様が顔を出してくれるようになりましたが、降り続いた雨のせいか、庭のあちこちで謎のきのこがニョキニョキ成長しております。

さて、前回の記事を書いてすぐ県北のこちらでも豪雨が続きました。

ご心配や励ましのメッセージをいただきまして誠にありがとうございました。

当時すぐそばを流れる田の原川からは普段聞いたことのない地響きのような音。

激流で岩がゴロゴロと流される不気味な音でした。

幸い山河では何事もありませんでしたが、報道の通り小国郷内では甚大な被害を受けた地域もあります。

わずかな雨の切れ間、杖立温泉のお宿へとお手伝いに行きましたが目の当たりにした自然の驚異と自分ができることの小ささに私はただ立ち尽くすばかり。

しかし重機でどんどん土砂を片付ける地元建設業の方々は本当に頼もしくかっこよかったし、

夜を徹して見回りをしてくれる消防団の頑張りには頭が下がりました。(熊本地震の時もどれだけ支えになったか。)

地元有志で自主的に立ち上がった「杖立サテライト」という組織は、正しい情報発信と必要な人手や物資の管理を行い作業が無駄なく円滑に運んでいます。

スーパーヒーローたちの素晴らしいチームワークにより驚異的なスピードで復旧が進んでいるとのことです。

とは言え、もちろん復興への道のりはまだまだ。

皆様、ぜひ以下の方々の情報をご覧いただき、小国郷を応援していただければ幸いです。

●小国郷全体の被災地のリアルタイムな情報
↓TAO塾 波多野毅先生のfacebook
https://www.facebook.com/hatano.takeshi.5

●災害復旧自主組織・杖立サテライトについて
↓山本美奈子さんのfacebook
https://www.facebook.com/minako.yamamoto.334

●TAO塾のスマートサプライ ※現在必要な物資のご支援はこちら
https://smart-supply.org/projects/kumamoto-tao-project/5f083588c08d420006041aa4?fbclid=IwAR2_67cexxhptv8zT5OeoQMWPfBn3vkqYZWuYRvj4BX0VrNhvOcJqHnkzBg

●熊本水害支援TAO塾プロジェクト ~つなGO!小国GO!~
https://www.facebook.com/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E6%B0%B4%E5%AE%B3%E6%94%AF%E6%8F%B4tao%E5%A1%BE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88-101461254980429/

2020/07/05

夏の献立

まずはこの度の豪雨で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

こちら熊本県北部ではその時、それほど雨は降りませんでしたが、県南の方では100年に一度とも言われる豪雨で球磨川が氾濫し甚大な被害が出ているようです。

山河でもお客様にお楽しみいただいている球磨焼酎の酒蔵やすばらしい温泉のある地域です。

物資の支援やボランティア活動等、私共で今できることを早急に考えたいと思います。

 

さて、本日から夕食の献立が「初夏」から「夏」に変わりました。

里山の”涼”をご堪能いただければ幸いです。

2020/07/02

きよらカァサのお弁当

本日は旅館組合の研修部会!

急に忙しくなってきた研修部ですが黒川温泉の人財育成についてみんなでワイワイ話しながら企画しております。

今日は南小国町の物産館「きよらカァサ」の日替わり弁当を食べながらランチミーティングでございます。

このお弁当、管理栄養士が献立を考え、地元の食材を使ったこだわりの愛情弁当なんです。(こちらの記事より)

栄養チャージして午後からも頑張ります^^

きよらカァサのレストランも、もうすぐ再オープンするそうですよ♪

2020/07/01

かつお節を削るくらし

黒川温泉のスタッフを対象にした食の学校vol.1「かつお節を削るくらし」を開催しました。

私が所属する旅館組合研修部がFoodコミュニケーターで削ラーの山本美奈子さんと一緒に”食”を通して地元小国郷の暮らしや文化を学ぶ「食の学校」を企画、

今回はそのはじまりにぴったりな、和食の原点を学ぶ場となりました。

 

山河からもスタッフ5名が参加。

「かつお節はじめて見た!」という若いスタッフ、

「昔はうちにも削り器があっていつも母が削ってたよ」というベテランスタッフ。

反応は様々でしたが、できた味噌汁を飲んで出る言葉はみんな同じく心の底からの

「はぁぁぁ…おいしい…」。

 

『煩雑で忙しい現代社会において毎日悠長にかつお節を削るのはなかなか難しいです。

でもかつお節を削る愉しさ・美味しさはきっとそんな時代の私たちの心身を癒してくれる力があります。

次の世代の子どもたちに紡ぐバトンは「簡単・早い・便利」な即席品ではなく1000年間先代たちが護り伝えてきたモノでありたい。』

 

という美奈子さんの言葉にとても共感します。

 

先代が守り伝えてきたモノ、次の世代に紡いでいきたいモノ。

その価値を知り、お客様にもお伝えできるスタッフが黒川温泉でもたくさん増えたらいいなと思っています。