昨日採ってきて茹でたゼンマイを「揉んで干す」という作業を行っております。

乾燥させる際、数時間おきに揉んでおくと乾燥しやすく、また水で戻した時にふっくらやわらかくなるのだそうです。

しかし事務仕事の合間にやっていたら、いいお天気過ぎて数回揉む前に乾燥してしまうという・・・

結局2回しか揉んでおりませんが、どうかおいしく戻せますように。。

山河の朝食の定番で、1年中お出ししているお煮しめのゼンマイは地元農家の方から仕入れていますが、

あのふっくらおいしいゼンマイの裏には大変な時間と手間がかかっていたのですね。

しかも乾燥したらこんなに小っちゃくなるものを年間20kg仕入れるのですがもとはいったいどれだけのゼンマイなんでしょう!

山何個分??

休館中ですが学びの多い日々を過ごしています ^^